いやー、まだゴールデンウィークが終わったばかりと言うのに、暑いですね。

うちの子供たちは早くも「プールに連れっててぇ・・・」なんて、暴言に近いセリフを言いだしています。


ご存知の通り、我が滋賀県には海がないんですよね。その代わりに琵琶湖はある・・・。

じゃぁ、「夏の水遊びと言うと、プールか琵琶湖なの?」って、思うでしょ?


ノンノン。

川があるんですよ、川が!


滋賀県は悪く言えば田舎、良く言えば自然に囲まれています。ちょっと住居地域を離れるとねぇ・・・素晴らしい川遊びスポットがいくらでもあるんですよ。

今回はですねぇ、そんな滋賀県の素晴らしい川遊びスポットを是非とも知って頂きたいと思います。

スポンサードリンク


滋賀県の川遊びスポットと言えば?

滋賀県を流れる大きな川と言えば・・・


  • 瀬田川
  • 野洲川
  • 愛知川
  • 犬上川
  • 安曇川
  • 姉川


こんな感じかな?

ちょっとコメントしておきます。

  • 瀬田川

  • 琵琶湖の水が京都大阪へと流れる川です。

    水流がかなり激しいので、ちょっとした水遊びにはちょっと不向きです。(逆にラフティングなどは盛んです。)

  • 野洲川

  • 野洲市~湖南市の住居エリアを流れる川なので、水質が良くないです。

    ですので、水遊びするにはちょっと厳しいかなー、、と思います。

  • 愛知川

  • 滋賀県が誇る名川の一つです。

    永源寺付近の上流域に行けば水の透明度と冷たさは抜群です。

    川の周りにはたくさんのキャンプ場があり、デイキャンプしながらの水遊びには持って来いの川遊びスポットがたくさんあります。

  • 犬上川

  • 滋賀県の北部に位置する事もあり、上流域の水質は抜群なのですが、キャンプ場などはないので、1日水遊びするには不向きです。

    なぜなら、トイレが困りますので。

  • 姉川

  • 犬上川と同様です。

    犬上側よりもさらに北部に位置するので、川の水質は抜群ですが、こちらもキャンプ場が併設したりしていませんので、厳しいです。

  • 安曇川

  • 愛知川と並び、滋賀県の名川ツートップです。

    こちらも、川の周りにはたくさんのキャンプ場があり、デイキャンプしながらの水遊びには持って来いの川遊びスポットがたくさんあります。



と言う事で、本記事では、愛知川、安曇川、に絞って紹介をさせて頂くことにしますね。

それでは、さっそく見て行く事にしましょう♪

愛知川エリア

すでに書いた様に愛知川上流域は川遊びスポットの宝庫です。ここで紹介する川遊びスポットはいずれも水質抜群です。

愛知川のかなり上流域になるので、水の冷たさはキンキンです。一度、6月中旬の最高気温31度の日に行ったのですが、水が冷たすぎて、とても入れたものじゃ無かったです(笑)。



基本的にはキャンプ場の施設利用料を払って、川遊びをする形式になります。

夏の週末ともなると、どこも場所の確保がままならないのが難点。ですので、早い時間に出かけるようにしましょう。

平日であれば、ゆっくり行っても問題なしです♪

尚、永源寺付近まで行くと、買い出しを出来る店はありません。八日市近辺で買い出しをするようにしましょう。



永源寺キャンプ場

愛知川本流では一番下流に位置するキャンプ場です。

特徴としては駐車場が無料である事でしょうか?無料駐車場が満車になると、有料駐車場(2016年は500円だった)に回されます。

トイレは汲み取り式のいわゆる”ボットン便所”です。

fbca4ebda08f9c056fe3cc80f3053700

186
  
住所東近江市蓼畑町久保下302番地
電話0748-29-0035
施設利用料大人:300円
子供:200円
駐車場無料(ただし、満車になると有料駐車場へ回される)
HPhttp://www.higashiomi.net/koto/1184.html

黄和田キャンプ場

永源寺周辺のキャンプ場で一番の広さを誇るキャンプ場です。

このキャンプ場はちょっと料金体系が変わっています。

施設利用料と共通で、車1台単位で料金がかかってきますので、最終的な料金がリーズナブルです。


また、トイレが水洗式なのも特徴。女性や子供には意外とポイント高いのではないかと思います。

  
住所東近江市黄和田町573
電話0748-29-0828
施設利用料1000円/車1台(日帰り)
2000円/車1台(1泊)
駐車場施設利用料と共通(上記参照)
HPhttp://www.higashiomi.net/koto/1185.html

松原キャンプ場

このキャンプ場は毎年お世話になっています。会社の同僚とバーベキューをしています。

matsubara1060622


通称”ドボン岩”と呼ばれる、飛び込みスポットがあるので、スリルも味わえます。画像中央の岩が”ドボン岩”です。初めては結構怖いです(笑)

PAP_0013-ae6d9


場所によっては、水深が深い部分もあるので、小さいお子様には向いていないと思います。ライフジャケット着用で川遊びしましょう。

  
住所東近江市杠葉尾町673番地
電話0748-29-0066
施設利用料大人:200円
子供:100円
駐車場400円
HPhttp://www.higashiomi.net/koto/1186.html

深山キャンプ場

松原キャンプ場から橋を渡って、愛知川の対岸にあるキャンプ場です。

そういう場所事情なので、川遊びスポットとしては松原キャンプ場とほぼ同じと思ってください。

ただ、対岸側になるので、水深の浅い支流が目の前に広がります。小さなお子様連れの方にはおすすめのキャンプ場です。

201207121111182095

但し、ここは基本的に夏の週末は宿泊キャンプのみで日帰りでの利用は出来ません。平日であれば、デイキャンプ可能ですが、値段は毎年変わる様な。。。(笑)

  
住所東近江市黄和田226-2
電話0748-29-0205
施設利用料1区画4000円
駐車場無料
HPhttp://shinzan-logson.com/


池田キャンプ場

愛知川の支流である神崎川の河原にあるキャンプ場です。

愛知川のかなり上流域になるので、水質は抜群です。

このキャンプ場は簡易式の水洗トイレなので、こちらも女性や子供にはおすすめかもしれません。

082235-320x213
  
住所東近江市杠葉尾町336
電話0748-29-0379
施設利用料大人300円
子供200円
駐車場500円
HPhttp://www.higashiomi.net/koto/1181.html

あいきょうの森

こちらは、愛知川支流の渋子川の流域になります。

あいきょうの森でバーベキューサイト、もしくは、バーベキューハウスを借りてから、川遊びに励みましょう。

尚、あいきょうの森のすぐ上には、行列のできるジェラートで有名な池田牧場のジェラートショップ・香想がありますので、是非とも食してみて下さい。

滋賀県東近江市の池田牧場。ジェラートショップ香想は行列の出来る人気店♪

  
住所東近江市和南町1563
電話0748-27-2009
施設利用料バーベキューサイト
1人300円

バーベキューハウス
1テーブル2500円

駐車場無料
HPhttp://aikyo-no-mori.com/bbq.html

岩魚の里 永源寺グリーンランド

渋子川をさらに上流に行ったところにあります。

こちらは、厳密には川遊びは出来ません。川釣り場でちょっとした水遊びが出来る程度で、夏季限定で水遊び用のため池が出来ます。

若干、値段が掛かりますが、魚のつかみ取りが出来たり、取った魚をその場で食べることが出来たりと、イベント的には楽しい所です。完全にファミリー向けになるかな。。って感じですね。

  
住所東近江市甲津畑町67
電話0748-27-2072
施設利用料バーベキューハウス
大人:600円
子供:300円

魚のつかみ取りは別途料金がかかります。
駐車場無料
HPhttp://eigenjigreenland.com/qa/

安曇川エリア

安曇川は湖西エリアを流れる川です。

夏となると、マリンスポーツをする人々は湖西の琵琶湖へ。アウトドアを楽しむ人々は安曇川流域へやって来ます。

つまり、湖西地方は夏の水遊びの宝庫って訳ですねぇ。。

但し!一つだけ注意しておきます。

安曇川流域で川遊びする際は必ず、ライフジャケット(救命胴衣)を着用してください。

安曇川は比良山系の山の中、もしくは、山の麓を流れています。つまり、天気が変わりやすく、ゲリラ豪雨も発生しやすいです。今、あなたが遊んでいる場所では雨が降っていなくても、上流域でゲリラ豪雨が発生すると・・・。これ以上は言わなくても理解いただけますよね?

はい。濁流に飲み込まれない様に注意しましょう。



桑野橋河川公園

安曇川流域で真っ先に紹介すべきは、やはりここかと思います。

ここは、なかなかインターネットなど、表には出てきまん。ですが、なぜか京阪神のキャンパー達ご用達の川遊びスポットです。


ここは入場料に清掃協力費の500円のみを徴収されます。車1台単位で500円のみ。ちょっと前までは300円だったんですが、それでもリーズナブルでしょ?

で、あとは空いている区画を勝手に使用してねーってスタンスです。電気も来ていないので、上級者向けのキャンプサイトです。

裏を返せば、サイトを確保さえできれば、好きな所に車を停めて、バーベキューをしながら適当に川遊びが出来ます。

しかもですねぇ。。。ゴミも捨てて帰れるんですよ。何という至れりつくせり感。もちろん、トイレもあります(汲み取り式ですが)。

P1060189

サイトとしてはかなり広いので、川も水深の浅い所から、やや深い所までいろいろとあります。ドボンスポットも数か所あるので、自分なりのベストスポットを見つけて下さいね。

  
住所高島市朽木大野420
電話なし
施設利用料車1台:500円
駐車場施設利用料共通
HPなし

梅ノ木キャンプ場

こちらのキャンプ場も日帰り川遊び向けで、リーズナブルな価格です。

車1台につき500円。テントを張ると500円です。

私は日帰りで乗り込んでタープを張って追加の500円を徴収されたことはないですが、徴収されたというアウトドア仲間もいます。

とはいえ、仮に追加で500円取られても、1000円です。


HPにも記載がありますが、予約は一切なし。基本的に早い者勝ちですので、早い目に出かけましょう。


ちょっと、注意して頂きたいのは、トイレが367号線を挟んで向かいになる事です。

367号線は通称・鯖街道と呼ばれる福井県と滋賀県を含む京阪神地方への主要幹線道路で、大型車を含めて、そこそこの交通量がありますので、小さなお子様連れの方は一緒に付いて行くくらいの感じがいいでしょう。

s-PICT0028

s-PICT0018

  
住所大津市 葛川梅ノ木町
電話なし
施設利用料車1台:500円
駐車場施設利用料共通
HPhttp://mn4700.gooside.com/index.htm

久多キャンプ場

このキャンプ場は実は滋賀県ではありません。京都府です。ですが、せっかく安曇川流域の水遊びスポットを紹介しているので、一緒に紹介させてください。

国道367号線を梅ノ木キャンプ場の手前から、県道783号線を京都府方面へ進むと県境を超えてすぐにあります。


車1台につき500円。一人500円ですので、料金は比較的安めです。


なにより、ここをおすすめした理由は抜群の水質です。それと、水深も浅いので小さい子供向けでもあります。

  
住所京都府京都市左京区久多川合町6
電話なし
施設利用料一人:500円
駐車場500円
HPhttp://www.kutacamp.jp/index.html

おまけ

ちょっと川遊びと言っていいのか微妙ですが、我が家もご用達のおすすめの公園があるので、紹介させて頂こうと思います。

紹介したいのは、高間みずべ公園。

うーん、一応、野洲川水系になるんだろうか?

三重県境のちょっと入り組んだ場所にあるので、地図でじっくり確認して下さい。





ここは、駐車場は無料。日帰りバーベキューも無料です。(テントサイトは有料)

ゴミは持ち帰りですが、テントサイトがあるため、トイレや炊事場が完備されています。

何よりもここをおすすめしたいのは、大小の滑り台がある事。子供に大ウケです。画像は大滑り台です。


この公園については以下の記事でがっつりと紹介させて頂いていますので、是非ともご覧になって下さいね。

滋賀の穴場的水遊びスポット・高間みずべ公園。完全無料の最強スポットなり!


あとがき

今回は滋賀県の川遊びスポットを紹介をさせて頂きました。

滋賀県と言えば琵琶湖のイメージがありますが、実は川遊びも盛んなんですよー。

ちなみに、琵琶湖の水泳場の紹介は以下の記事でさせて頂いていますので、参考にしてください。

滋賀で水遊びするなら?琵琶湖の水泳場(大津~近江舞子)の紹介。

滋賀で水遊びするなら?琵琶湖の水泳場(高島~マキノ)の紹介。

滋賀で水遊びするなら?琵琶湖の水泳場(湖東エリア)の紹介。




記事中でも紹介しましたが、安曇川と愛知川の上流域は水質も抜群でおすすめの川遊びスポットです。


我が家も毎年訪れていて、個人的におすすめしたいのは以下の2つ。

  • 桑野橋河川公園
  • 高間みずべ公園


と言いながら、愛知川上流も毎年必ず訪れています。

その年によって、永源寺周辺のキャンプ場を選んでいますので、あえて固定でおすすめを紹介するのはやめておきましたー。

各川遊びスポットは、山の麓ににもなるので、避暑地としてもいい感じだと思います。

今年の夏は是非とも滋賀県の川遊びを体験されてみてはいかが?

スポンサードリンク