09a5f9b54250df2618fe08610094fa9f_s

第99回夏の高校野球選手権大会(2017)の出場校が決定しましたね。

個人的な感想としては、、、

有力校が順当に地区予選を勝ち上がるのは難しいなぁ

と言う印象。


兵庫の報徳学園(選抜ベスト4)、福岡の福岡大大濠(選抜ベスト8)、そして西東京に至っては大本命・早稲田実業、ライバルの日大三も甲子園に届かず、、と言う厳しい結果に。

ま、ここに挙げた3校はいずれも、6回以上勝ち上がらないと甲子園に行けない大激戦区ですからね、、、本当に甲子園への道は厳しいと思います。


そんな中、見事に地区予選を勝ち抜いた49代表校は立派の一言。

敗れていったライバル校達の分まで甲子園でその実力を発揮してほしいですね。

2017年の第99回夏の高校野球選手権大会は8月7日に開催されます。すぐそこですね。

今回は時間の無いあなたの為に、私の独断で有力校や注目校・注目選手などを紹介していこうかと思います。

スポンサードリンク


注目高・有力校は?

早速、注目校と有力校を紹介していきましょう。

ここでは、実績校中心の紹介して行く事にします。

大阪桐蔭高校(大阪)

3年ぶり9回目の出場。

過去の最高成績は優勝(4回)です。

今シーズンの実績は以下の通り。

  • 秋季大阪府大会:ベスト4
  • 秋季近畿大会:ベスト4
  • 第89回選抜高校野球:優勝
  • 春季大阪府大会:優勝
  • 春季近畿大会:優勝

言わずと知れた、春の選抜高校野球の優勝校です。

成績を見ての通り、春以降のチームの充実ぶりが分かりますよね。

近年の高校野球界で最も安定して結果を残し、かつ、最も多くのプロ野球選手を輩出している高校です。



徳山投手、柿木投手と、2人の実力投手を擁しているのが特徴で、伝統の強打は超高校級スラッガー根尾選手中心に今年も健在。攻守にレベルが高く、優勝候補の大本命です。

藤波晋太郎(阪神)を擁して春秋連覇した2012年以来、再度の偉業(春秋連覇)を狙います。

ちょっとメモ(第99回高校野球選手権・大阪府大会準決勝)

第99回夏の高校野球選手権・大阪府大会では、準決勝がハイライト。

今シーズンお互いにしのぎを削ってきた、ライバル・履正社高校との対戦は春の選抜高校野球決勝戦と同じ顔合わせ。

試合は終盤まで1点を争うシーソーゲーム。試合終盤、履正社高校の超高校級スラッガー・安田選手が放った大飛球がフェンス手前で、中堅手のグローブに収まった時点で勝負あり。

最終回に追加点を入れて突き放した大阪桐蔭高校が8-4で制しました。

仮に履正社高校が勝利し、本戦に出場していたとしても、十分に優勝候補だったでしょう。

秀岳館高校(熊本)

2年連続3回目の出場。

過去の最高成績はベスト4です。

今シーズンの実績は以下の通り。

  • 秋季熊本県大会:優勝
  • 秋季熊本大会:ベスト4
  • 第89回選抜高校野球:ベスト4
  • 春季九州大会:ベスト4

こちらは、昨年の第88回春の選抜高校野球大会、第98回夏の高校野球選手権大会と、共にベスト4。今年の春の選抜高校野球大会でもベスト4という、ちょっと考えられないくらいの安定した成績です。しかも世代を跨いでの3季連続ってのが、また凄い・・・。

今年の春の選抜高校野球準決勝では優勝校・大阪桐蔭高校とがっぷり4つの好ゲームで、1-2で惜敗。今夏は虎視眈々と優勝を狙っています。

注目選手は何と言っても、エース左腕の川端投手。長身から投げ下ろす角度のあるストレートは最速148km。変化球の精度も高く、プロ注目の逸材です。

個人的には大阪桐蔭高校との再戦を楽しみにしています。

作新学院(栃木)

7年連続12回目の出場。

過去の最高成績は優勝(2回)です。

今シーズンの実績は以下の通り。

  • 秋季栃木県大会:優勝
  • 秋季関東大会:優勝
  • 第89回選抜高校野球:2回戦敗退
  • 春季栃木県大会:準優勝
  • 春季関東大会:ベスト4

ご存知、昨年2016年の第98回夏の高校野球選手権大会の優勝校です。

今シーズンは主要の大会で必ずと言っていいほど上位に顔を出し、近年の栃木県内ではもはや敵なしの様相。

春の選抜高校野球では2回戦敗退でしたが、破れた相手がベスト4の秀岳館高校で1-2のスコアを考えると、やむなしと言った所。

昨年の今井投手の様に超高校級の圧倒的な存在の選手はいませんが、エース左腕の今井投手を中心に走行守とハイレベルにまとまったチームです。


ここ数年の成績で見ると、先に挙げた大阪桐蔭高校よりも安定しているかもしれません。

ちょっとメモ(近年の作新学院高校の選手権大会での成績)

  • 第98回(2016年):優勝
  • 第97回(2015年):3回戦敗退
  • 第96回(2014年):2回戦敗退
  • 第95回(2013年):3回戦敗退
  • 第94回(2012年):ベスト8
  • 第93回(2011年):ベスト4

横浜高校(神奈川)

2年連続17回目の出場。

過去の最高成績は優勝(2回)です。

今シーズンの実績は以下の通り。

  • 秋季神奈川県大会:準優勝
  • 秋季関東大会:準々決勝敗退
  • 春季神奈川県大会:準優勝
  • 春季関東大会:ベスト16

出てくれば必ず優勝候補の一角に挙げられる高校野球界の東の横綱も松坂大輔投手を擁して春秋連覇した1998年以来、全国制覇から遠ざかっています。

その間、横浜高校の名物コンビ・渡辺(監督)/小倉(部長)も共に勇退し、時代の流れも少し感じます。

今シーズンは、秋、春共に県大会は準優勝。例年なら、春の選抜に選考されてもおかしくない成績だったのですが、今シーズンは東京(東東京)のハイレベルさの影響で春の選抜の選考も涙をのむ事に。

しかし、最後の夏の選手権大会に照準を合わせてくるあたりはさすがと言ったところです。

注目は増田選手(中堅手)。
185センチ83キロの恵まれた体格から放たれる打球の速さと飛距離はまさに超高校級スラッガーのそれです。
甲子園でどの様な打撃を見せてくれるか楽しみにしています。

ちょっとメモ(関東地区の選抜出場校選考)

関東地区と東京地区の選抜高校野球大会の出場校選考はちょっとややこしくなっています。

選抜高校野球は秋季地区の結果を元に先行されるのですが、関東地区と東京地区の枠は合わせて6校。

内訳は以下の通りとなっています。

  • 関東地区枠:4校
  • 東京地区枠:1校
  • 不動枠:1校

昨秋の東京都大会決勝で早稲田実業と日大三校がナイトゲームの延長戦で激戦を展開した為、どうしてもこの2校の印象が強く、不動枠の1校は日大三校に決定しました。結果として、関東大会の準々決勝で敗退した横浜高校やこの後紹介する山梨学院高校は選考基準を満たしていながらも、涙をのむ羽目になりました。

尚、選抜高校野球の選考基準は以下の記事で紹介していますので、気になった方は覗いてみて下さい。

選抜高校野球の出場校の決め方と傾向を一発チェック!


明徳義塾(高知)

8年連続19回目の出場。

過去の最高成績は優勝(1回)です。

今シーズンの実績は以下の通り。

  • 秋季高知県大会:準優勝
  • 秋季四国大会:優勝
  • 第89回選抜高校野球:1回戦敗退
  • 春季高知県大会:優勝
  • 春季四国大会:優勝

最後に紹介するのは、四国の雄・明徳義塾高校です。

高知県内はおろか、今シーズンは四国内でもほぼ敵なしの様相。

ですが、「優勝を目指す!」(by馬淵監督)と公言して挑んだ春の選抜はあの早稲田実業に1回戦敗退(1回戦で当たるにはもったい無い組み合わせ。^^)。


「春に比べて投手力に厚みが出て、接戦も連戦も自信を持って戦える」(by馬淵監督)との事で、勝負所で継投に踏み切れなかった春の雪辱を果たすことが出来るでしょうか?

いずれにしても、甲子園での勝ち方を知っている高校ですので、上位に顔を出してくるのではないかと思います。

独断でピックアップ!

実績高校の紹介だけで終わってしまっては、自称・高校野球バカの名が廃ります。

と言う事で、個人的に気になる高校を上げていきます。

中央 中段

山梨学院(山梨)

2年連続7回目の出場。

過去の最高成績は2回戦進出です。

今シーズンの実績は以下の通り。

  • 秋季山梨県大会:優勝
  • 秋季関東大会:ベスト8
  • 春季山梨県大会:優勝
  • 春季関東大会:ベスト16

甲子園常連校で、個人的には強豪校のイメージがあるのですが、これまでの夏の選手権大会ではイマイチ結果を残せていません。

私がこの高校を推す理由は、投手陣が超強力だからです。

本格派左腕の吉松投手。本格派右腕でスライダーの切れが良い栗生投手。そして、100キロを切るスローカーブと130キロ台後半の直球を使い分ける緩急が絶妙な宮内投手。

長崎・清峰高校で今村投手(現・広島東洋カープ)を擁して、選抜制覇経験のある吉田監督が、「25年の長い指導者生活の中で、これほどの投手陣のチームを持ったのは初めて」と言わしめるほどの投手布陣です。

過酷な環境で開催される夏の選手権大会は、良い投手を数多く持つチームが有利な事は言わずもがなです。鬼門の2回戦を突破出来れば、終盤の連戦どころで自慢の投手陣が活きてくるはずです。

広陵高校(広島)

3年ぶり22回目の出場。

過去の最高成績は準優勝です。

今シーズンの実績は以下の通り。

  • 秋季広島県大会:ベスト8
  • 春季広島県大会:準優勝

どちらかと言うと春の選抜に強いイメージのある高校ですが(選抜優勝3回)、夏の選手権大会も準優勝が3回もあります。

記憶に新しい所では、野村投手(現・広島東洋カープ)を擁して決勝まで勝ち進んだ2007年の第89回大会ですね。


秋の県大会も春の県大会も結果を残せませんでしたが、こちらも横浜高校同様、最後の夏にしっかりとチームを仕上げて来ました。

チームの注目選手は、Max145左腕・平元投手と強肩・中村捕手のプロ注目のバッテリーです。


甲子園でもすっかりおなじみになった中井監督も、虎視眈々と上位進出を狙っているはずです。

ちょっとメモ(広陵高校の第89回選手権決勝戦)

準決勝で春の選抜優勝校・常葉菊川高校に快勝して臨んだ、第89回大会の決勝戦。

相手は準々決勝で選抜ベスト4の帝京高校を破り勢いに乗る公立の雄・佐賀北高校。

8回表まで4-0とリードするも、8回裏に佐賀北高校が満塁とした時点で、甲子園球場の観客は完全に佐賀北の逆転を望む声援に。それと同時に(観客席の雰囲気に流されたかどうかは分かりませんが)審判も微妙なボール判定を繰り返し、疑惑の四球判定で押し出しの1点を献上した後、まさかの逆転満塁ホームランが飛び出し、4-5で敗戦。

プロ野球界からも「あの判定は無い!」とコメントが飛び出し、広陵高校・中井監督も審判批判をし、(こんな時くらいしか動かない)高野連から厳重注意を受ける後味の悪い結果に。

尚、この年は私立強豪校の特待生問題が話題になっており、奇しくも県下有数の進学校で公立高校の佐賀北高校が優勝するという、高野連が思い描いたシナリオとなった大会でした。

あの試合、TVで見てましたが、あれは本当に野村投手が気の毒でした。

私、高野連に消されるかな?(笑)

東海大菅生(西東京)

17年ぶり3回目の出場。

過去の最高成績は2回戦進出です。

今シーズンの実績は以下の通り。

  • 秋季東京都大会:3回戦敗退
  • 春季東京都大会:4回戦敗退

最後はやはりこの高校を上げない訳には行かないでしょう。

清宮フィーバーで沸き、「早稲田実業と日大三校との2強に入り込む余地なし!」と言われた西東京大会を見事勝ち抜いて優勝。

実は2年前に清宮フィーバーが始まった年から3年連続で決勝に勝ち進み、やっと掴んだ悲願の甲子園切符です。


2年前は地区大会敗退ながら、勝俣選手が全日本に選出され、小笠原投手(東海大相模→中日)オコエ選手(関東一→楽天)、平沢選手(仙台育英→ロッテ)らと共に日本を沸かせてくれました。

今年は2年前の勝俣選手の様な選手は不在ですが、西東京大会を勝ち上がったと言うだけで嫌でも注目を浴びるはずです。しっかりと日大三校(準々決勝)と早稲田実業(決勝)の両校も撃破しての甲子園ですので、旋風を巻き起こして欲しいですね。

上げればキリがないけど、1校だけ!

まだまだ紹介したい高校はたくさんあるのですが、キリがないので、あとは掻い摘んで。。

選抜出場の前橋育英、神戸国際大付属あたりはやはり地力があると思いますし、中京大中京なんかは名前で勝ち上がって来そう。(笑)

春の九州大会覇者の神村学園もチーム力は高そうです。


そんな中で最後に1校だけ紹介したいのは、我が滋賀県から出場する彦根東高校!

チームの中心で注目選手は左腕の増居投手です。春の県大会を優勝し、近畿大会でもあれよあれよと強豪校を倒して準決勝へ。準決勝はあの大阪桐蔭高校に3-4で惜敗しましたが、8回終了までリードしている展開であと一歩と言う所でした。

この高校、実は毎年東大生を輩出する程の県下有数の公立進学校で、練習環境も私立強豪校に比べると明らかに見落としります。

さすがに増居投手一人で上位を伺うまでは厳しいかもしれないですが、上記の様な事情も含めて、滋賀県代表・彦根東高校を応援してあげて下さい♪

あとがき

今回は出場校が決定した第99回夏の全国高校野球選手権大会(2017)について有力校や注目校を完全独断で紹介させて頂きました。


尚、注目選手に関しては、以下の記事で紹介しています。(さすがに、一つの記事で一緒に紹介するのは無理がありましたので。。)

第99回夏の高校野球選手権(2017)の注目選手を紹介!!




選抜高校野球は2017年8月7日から21日の15日間(休養日1日含む)の日程で開催されます。

春の選抜の覇者・大阪桐蔭高校を中心に動くことは間違いないでしょうが、大番狂わせや考えられない大逆転劇が起きるのも夏の高校野球の醍醐味ですね。

バックスクリーン横ライト

いずれにしれも、私の夏は高校野球と共にやってきて、高校野球が閉幕すると共に夏が終わり、放心状態になってしまいます。(笑)

今年もどこかで現地に足を運んで甲子園球場で生観戦をする予定です。

負ければ終わりの熱い勝負を楽しんで来ようと思っています。

それでは、今回はこの辺で。。

スポンサードリンク