51pwjfovvl-_ul500_

秋も深まり、行楽シーズン真っ只中ですね。

週末に琵琶湖沿いを走っていると、
たくさんの方々がバーベキューをしているのを見かけます。
我が家もつい先日バーベキューをしましたが、
子供も喜びますし、オススメの家族レジャーですよね。

ただ、バーベキューって、
準備に手間が掛かり、面倒なんですよね。

食事に辿り着くまでが長い事長い事。
たまに、セッティング中に全てを投げ出して帰りたくなる時すらあります。

俺は肉が食いたいだけなんだー!
誰か俺の代わりに、セッティングしてくれぃ!


恐らく、誰もが一度は心の中でこう叫んだことがあるはず。

今回は、セッティングを含めて、
負担を少なくバーベキューをする方法を書いてみます


スポンサードリンク

初心者に大きく立ちはだかる壁


バーベキューをするにあたって、
一番面倒なのは”セッティング”ですよね?

“セッティング”とは、日差しや雨対策の為にタープを張ったり、
コンロの設置、食事場(テーブル、椅子)を作る事ですね。

特にタープを張るのはなかなか大変な作業です。
何度もバーベキューをやっている私ですらそう思えるので、
初心者にしてみれば、かなりの高いハードルだと思います。

じゃぁ、逆転の発想でセッティングの必要無い所で
バーベキューをやれば良いと思いませんか?


「何言ってんだ。こいつ?」と思われているかもしれませんが、
そういう場所があるんですよね♪

既設のバーベキュー場を選ぼう!


最初から、テーブル、コンロ、屋根が設置されている場所に行きましょう。

具体的にはこんな感じの所です。

yakiniku_house-300x225
<出典:高取山ふれあい公園ホームページ>

写真の場所は、
滋賀県の高取山ふれあい公園と言う所にあるバーベキュー場です。
今でも我が家はたまにお世話になっています。

ここは公園と言うだけあって、
草スキーやアスレチックなど、
子供が遊ぶ場所もたくさんあるので、
最低限必要な準備(火おこしなど)をやっている間も、
子供がグズらずにすみます。

汗だくで準備している時に、
「まだぁ?お腹すいた~」なんて心無い一言を言われると、
かなりイラっとしますので。笑

あなたの自宅の近くの近くにも、
こういった場所があるはずです。

場所によっては、
炭や他の器材のレンタルしている所もありますので、
予約の際に確認しておきましょうね。


現地作業は最小限にしよう


最初は不慣れで現地で困惑する事も多いと思うので、
食材の下ごしらえもして行きましょう。

具体的には野菜類のカットや下ゆで(トウモロコシやイモ系)やおむすびの準備ですね。

手の込んだ料理も最初は避けた方が賢明です。
焼きそばなども最初は避けた方が良いかもしれません。

理由は鉄板を使用するからです。
後片付けする物が余分に一つ増えてしまいますので。

おやつも持参しておきましょう。
保険の為です(笑)。

現地での作業を出来るだけ省いて、
あとは食事に集中してバーベキューを楽しみましょう!

火起こしは意外と大変かもしれないですので、
事前に動画サイトなどで要領を確認しておいた方が良いと思います。

火起こしのオススメアイテムはガスバーナーですね。
これは本当に便利です。火起こしだけではなく、
食材を炙るのにも重宝します。
amazon安いなぁ(笑)。



困ったら、助けを求めよう


困った場合は事務所に助けを求めてみて下さい。

道具系で困った場合(何かを忘れたなど)、
他の利用者が置いていった物(はっきり言うと、忘れ物)が
バーベキュー場の事務所にストックされていて、
貸して貰えたりしますので。笑

それでも、解決しない場合は周りのグループに助けを求めましょう。

アウトドアでの重要なキーワードは”協力”です。
大抵の場合は助けてくれます。
私もいろいろと助けを求めましたよ。

・火を起こして貰ったり(おいおい。笑)
・炭を分けてもらったり。
・お箸を分けてもらったり。

極め付けはビールを持って行くの忘れて、
現地で分けてもらった事もあります。笑


まとめ


今回はバーベキューに関して、
超初心者家族向けに特化して書かせて頂きました。

簡単にまとめておくと以下の通りです。

・環境の整った場所を選ぼう
・下ごしらえ、事前調査等をして、現地作業は最小限に
・困った時は周りに助けを求めよう
・少々の不便さは楽しむ感じで!(これが一番大事)


要は楽しんで、「次もまたやろう!」とむ事が大事ですので、
最初は負担の少ない方法でやっていきましょう。

やっていると、

「あぁ、あれがあったら良かった!」
「事前にこうしておけば良かった!」


などと思う事がたくさん出てきます。それを次回に活かして下さい。

何度かこなして、慣れて来たら、
次のステップ(タープ張り)などにチャレンジして行って下さい。

その上で、あなたに最適なバーベキューの楽しみ方を編み出して行って下さいね。

それでは、目を通して頂きありがとうございました。

スポンサードリンク