ゴールデンウィークも終わり、1~2週間もすると、サラリーマンにとって疲れの出やすい時期ではないでしょうか?

5月病なんて言葉も耳にしますけど、ちょうどゴールデンウィーク明けのこの時期から症状が出始めるみたいですね。。

何とか5月を乗り切ったとしても、さらにしんどい6月が待っています。

なぜなら、祝日もないし、梅雨の湿度で精神的不快感も溜まりがち・・・。

我々、サラリーマンにとって、ゴールデンウィークが明けると次に目指す目標は、夏休みです!(笑)

そう!お盆休みですね!


皆さん、「まだ、2ヶ月以上先じゃん!」なんて悠長にしてちゃダメですよ!季節を先取りして、さっさと予定を組んじゃいましょう!!

バラ色の予定を組んでしまえば、辛い仕事も辛い勉強も乗り越えられるってもんです。


そんな訳で、今回は2017年のお盆休みは世間一般的にいつからいつまでなのか?を見ていくことにしましょう。

スポンサードリンク


2017年のお盆期間周辺カレンダー

そもそもお盆って、なんなんでしょうか?

お盆とは?

お盆(おぼん)とは、夏に行われる日本の祖先の霊を祀る一連の行事。日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事である。

かつては太陰暦の7月15日を中心とした期間に行われた。現在では太陽暦の8月15日を中心とした期間に行われることが多い。

引用元:ウィキペディア


特に、人が亡くなってから49日法要が終わり最初に迎えるお盆は初盆(はつぼん)、または新盆(しんぼん、にいぼん、あらぼん)と呼び、外せない行事です。

我が家も数年前に、玄関先に送り提灯を立てて、他界した父を迎え入れたなー。



上記、引用文内にもありますが、現在では8月13日~16日までの4日間が世間一般的なお盆期間とされています。


また、2017年から国民の祝日として、8月11日が祝日になってます。山の日ね。2017年はこの山の日が良い感じでお盆休みとコラボしてくれそうです。


と言うわけで、世間一般的な2017年のお盆休みのカレンダーはこんな(↓)感じかと思います!。

2017お盆休み

うん。まずまずいい感じ(笑)。


世間一般的なお盆休みは?

5連休か6連休が一般的か?

世間一般的には、8月11日(金・祝)~8月15日(火)までの5連休か16日(水)までの6連休でしょう。

恐らく、中小企業などの規模の小さい会社は、4連休や5連休が多いのではないかと予想します。

役所や金融機関は、カレンダーが赤色や青色の日以外はきっちりと営業日になると思うので、8月11日(金・祝)~8月13日(日)までの3連休がベースで、各自有給休暇をくっつけて連休を伸ばす感じになるのではないでしょうか?。

最大10連休?・・・いやいや、ありえないから!!

他の方の書かれた記事を拝見すると、大企業や製造業は8月11日(金・祝)~8月20日(日)までの最大10連休!なんて目にします。

いやいや!ありえねーし!!(あなた達、製造業勤めでも大企業勤めでもないでしょ!笑)


上記の通り、世間一般的に11日~15日、ないし、16日までは盆休みになります。

と言うことはですねぇ、17日・18日は一番てんてんこ舞になる日なんですよ。


「○○社から、マシントラブルのクレームが入ってます。今日中に回答しろ!と言ってます!」

「△△社から、大至急、■■のパーツを納品して欲しい!と連絡が来ています!」


まぁ、こんな感じで、殺伐とした戦場と化すわけですよ。現場はまさにスクランブル体制。笑


11日の山の日とお盆が離れていて飛び石になっているから、そこを休日に設定して、連休にするとかなら分かりますけどね。


と言うことで、製造業勤務の私から言わせてもらうと、17日と18日を休日に設定する企業は多くないと予想します。私ですか?17日とか18日休んだら、しばかれますねぇ。。(笑)

お盆休み期間中の混雑は?

カレンダーと世間の企業の状況を考慮すると、2017年のお盆休み期間中の混雑予想は以下の通りになるでしょう。

  • 出国ラッシュ/帰省ラッシュ・・・8月11日
  • 帰国ラッシュ/Uターンラッシュ・・・8月13日~15日(13日・14日がピークと予想)

8月11日~13日はカレンダー的にも休日なので、休み設定の会社が多いと思います。よって、どこに行っても、大混雑・大渋滞でしょうね。プールとか海とか悲惨でしょう。


私が住む近畿地方で言えば、名神高速の吹田~中国道の宝塚、京都~大津、あたりは悲惨な事になるでしょう。東名阪道の四日市から亀山あたりも近寄りたくないですね~。

故郷の福岡で言えば、九州自動車道の広川SA~基山SAあたりも惨状が目に浮かびます。くわばらくわばら。。

ATMにご注意

お盆休み期間中のATM営業日時にも注意しましょう。

特に、8月11日~13日は銀行によっては、メンテナンスなどの為にATMが完全に利用できない事もありえそうです。

いずれにせよ、銀行から必ずアナウンスがあるはずですから、普段から利用している銀行からのメールやHP上のニュースなどはチェックしておくべきでしょう。

出来れば、8月10日(木)までに、まとまった現金をおろしておく事も対策の一つかと思います。

まとめ

今回は2017年のお盆休みの日程について、いつからいつまでなのか?確認すると同時に混雑予想日や注意点を考えてみました。

  • 世間一般的には8月11日(金・祝)~15日(火)・16日(水)の5連休・6連休か?
  • 20日(日)まで10連休を設定する企業は少ない
  • 出国ラッシュ/帰省ラッシュは8月11日(金・祝)
  • 帰国ラッシュ/Uターンラッシュは8月13日(日)~15日(火)で、13日・14日あたりがピークか?
  • 8月11日(金・祝)~13日(日)は、どこに行っても苛烈な混雑がまっていそう。


今年(2017年)のお盆休みは、カレンダーを見る限り、分かりやすいので、集中しそうですね。

世間一般的に景気は回復傾向と言っていますが(そんな感じ、全くしないけどな!)、海外で過ごす人も多いのでしょうかね?


私はあまり遠出はせずに、滋賀県内の山間部にでも行って、川遊びでもしながら涼を求めようと思っています(すでに予約済み)。

尚、滋賀県内の川遊びについては、以下の記事で紹介しています。避暑地と言う観点から見ると、記事内で紹介している場所はいずれも悪くないと思います。参考にしてみて下さい。

滋賀での水遊びは琵琶湖だけじゃない!今回は川遊びスポットを紹介するよ


それよりも、すでにお盆休み明けのテンヤワンヤ状態が憂鬱・・・(笑)。

2017年はなにもトラブルが発生しませんように。

スポンサードリンク