第89回選抜高校野球の組み合わせ抽選会が実施されました。

パッと見ての感想は・・・

1回戦からその対戦?!みたいな好カードがチラホラありますね。。

春の選抜高校野球は夏の選手権と違って、最初の抽選会で全てのトーナメント表が完成します(夏は回戦毎に抽選を実施する)ので、ある程度の予想もできますね。

そんな訳で、今回は第89回選抜高校野球(2017)の組み合わせ結果から、1回戦の注目カードや予想などを早速させて頂こうかと思います。

スポンサードリンク


予想や組み合わせ所感に際して

予想や組み合わせに対するコメントに際しては、以下で記載の内容をベースにさせて頂きますので、最初にサラッと目を通して頂けると以降の内容が入って来やすいと思います♪

第89回選抜高校野球(2017)の出場校決定!!有力校や注目校を紹介!!


上記の記事内でピックアップさせて頂いた高校が1回戦からぶつかっていますねー。

これがクジによる抽選の残酷さでもあります。

それでは、早速パート毎に見ていきましょう。

1塁内野席からスコアボード

パート1

組み合わせは以下の通りとなっています。


  • 至学館(愛知) VS 呉(広島)
  • 日大三(東京) VS 履正社(大阪)


なんと言っても注目は、履正社高校と日大三校の組み合わせ。

日大三校の金成選手、履正社高校の安田選手、若林選手はプロ注目の超高校級スラッガーです。ホームランの競演があるでしょうか?



このパートからベスト8に進出するのは、履正社高校と予想します。

1回戦から日大三校との対戦もあり、なかなか厳しいですが、昨秋に近畿大会と明治神宮大会を制したチーム力は頭一つ抜けていると思います。

無難にベスト8まで勝ちあがってくるものと予想します。

パート2

組み合わせは以下の通りとなっています。


  • 熊本工(熊本) VS 智弁学園(奈良)
  • 高岡商(富山) VS 盛岡大付(岩手)


このパートはよく言えば実力伯仲。悪く言えば、やや小粒ですね。昨年の地区大会を制したチームがいないからそう感じるのでしょうか。。


このパートから勝ちあがるのは昨年の選抜高校野球の優勝校・智弁学園と予想します。

やはり、地元・近畿と言う地の利もありますし、学校と甲子園球場が近いことから、チームの調整もやりやすいと思うので、智弁学園と予想しました。

パート3

組み合わせは以下の通りとなっています。


  • 報徳学園(兵庫) VS 多治見(岐阜)
  • 中村(高知) VS 前橋育英(群馬)


このパートは21世紀枠の出場校が2校固まりましたね。(多治見高校、中村高校)


ちょっと穴狙いですが、この中から勝ちあがるのは、中村高校と予想します。

普通に予想したら、地元の報徳学園か近年レベルの高い群馬勢の前橋育英高校のどちからと思いますが、あえて穴を狙いました。

理由としては、春の選抜高校野球は夏の選手権に比べて、初出場や久しぶりの高校が比較的勝ち進みやすいです。(その辺りは以下の記事で触れていますので、参考にしてみて下さい。)

高校野球の春と夏の違いって?野球音痴の同僚へ説明してみた。



この中村高校、昨年秋の高知県大会では、今大会の有力高校の一つである明徳義塾高校に勝っていますからね。

そんな事もあり、このパートは中村高校推しとさせて頂きます。

パート4

組み合わせは以下の通りとなっています。


  • 創志学園(岡山) VS 福岡大大濠(福岡)
  • 東海大市原望洋(千葉) VS 滋賀学園(滋賀)


このパートは地味に激戦パートだと思います。


実績から有力なのは、昨秋の九州大会を制し、明治神宮大会でも準決勝まで勝ちあがった福岡大大濠高校です。

しかし、東海大市原望洋は147キロ右腕・金久保投手を擁していますし、滋賀学園も昨年の選抜高校野球でベスト8入りした当時のメンバーが多数残っています。


ですが、私の地元・福岡の高校への贔屓もこめて、このパートは福岡大大濠高校が勝ちあがると予想します。今大会屈指の右腕・三浦投手の投球も楽しみです。


パート5

組み合わせは以下の通りとなっています。


  • 健大高崎(群馬) VS 札幌第一(北海道)
  • 福井工大福井(福井) VS 仙台育英(宮城)


福井工大福井と仙台育英の対戦も好カードですね。

ともに、昨秋の地区大会(北信越大会、東北大会)を制したチームです。

福井工大福井高校は注目のスラッガー・山岸選手が、仙台育英高校には注目の左腕・長谷川投手がいます。

この2人の対戦も注目です。


このパートから勝ちあがるのは、福井工大福井高校と予想します。

紙一重で、非常に難しいですけどね。近年の福井勢のレベルは高いので、あえてこの様に予想しました。

パート6

組み合わせは以下の通りとなっています。


  • 高田商(奈良) VS 秀岳館(熊本)
  • 作新学院(栃木) VS 帝京第五(愛媛)


このパートの注目は昨年夏の選手権覇者・作新学院ですね。

もちろん、このパートを勝ちあがるのは作新学院と思っています。

昨年夏からは3年生も抜けて、チームも一新しています。それでも、新チームで臨んだ昨年秋の関東大会を制していますし、チーム力は頭一つ抜けていると思います。

高田商業の試合、番長(元DeNA・三浦投手)観に来るかなー?

パート7

組み合わせは以下の通りとなっています。


  • 東海大福岡(福岡) VS 神戸国際大付(兵庫)
  • 早稲田実(東京) VS 明徳義塾(高知)


1回戦からこの組み合わせは無いですわ(笑)。

もちろん、早稲田実業と明徳義塾の対戦です。


今大会一番の注目校は間違いなく早稲田実業です。もちろん、その中心は清宮選手。昨年秋の東京都大会を制し、明治神宮大会も準優勝とその実力も間違いありません。

当然、今回の第89回選抜高校野球(2017)の最有力校の一つでもあるのですが、いきなりの試練ですね。



で、私の予想はと言うと、、、ずばり、明徳義塾高校!(笑)


上で紹介した記事でも記載していますが、昨秋の時点で、馬淵監督が「春の選抜高校野球大会は優勝を狙いますよ。」と宣言している通り、チーム力にかなりの自身を持っているようですし、何よりも甲子園慣れした試合巧者です。高知という土地柄(気候上)、本格的なトレーニングも他の高校より早く始められますしね。。

ちょっと、ひねくれた予想かもしれないですが、あえて明徳義塾高校と予想させて頂きました。


パート8

組み合わせは以下の通りとなっています。


  • 静岡(静岡) VS 不来方(岩手)
  • 宇部鴻城(山口) VS 大阪桐蔭(大阪)


今大会屈指のプロ注目左腕・池谷投手が満を持しての登場ですね。

ですが、ここもちょっとひねくれた予想をさせて貰います(笑)


このパートを勝ちあがるのは、大阪桐蔭高校と予想します。

この理由も明徳義塾と同じです。甲子園慣れした試合巧者ですし、いつもなんだかんだで上位まで勝ち進みますからねぇ(笑)。

その他

3月19日(日)は以下の理由から大混雑が予想されます。


  • 入場行進(開会式)がある
  • 1回戦屈指の好カード(日大三校VS履正社高校)が組まれている
  • 地元高校(履正社高校)の登場


あと、早稲田実業の登場する3月23日も平日ですが、春休みの小中学生でスタンドが溢れかえると予想します。

この日に観戦に行きたい人は朝一から行かないと席取れないですよー。


尚、混雑予想は以下の記事を根拠にしています。

第89回春の選抜高校野球(2017)。日程詳細と混雑日予想。

あとがき

今回は第89回選抜高校野球(2017)の組み合わせ抽選会の結果を踏まえて、勝手な予想と所感を書かせて頂きました。

冒頭でも書きましたが、1回戦から好カードが多いな・・と言う印象ですね。

2017年はWBCも開催されていますし、野球の注目度が例年に比べて高い年だと思います。

プロ野球と高校野球の違いは有れど、WBCによる野球人気底上げと清宮フィーバーで、2017年の選抜高校野球は例年よりも入場者数が多いと思われます。

事前に組み合わせや日程を確認して、お目当ての日を決めたら朝一から来場することをおすすめします。

私は唯一の4試合日のベスト8を見に行くつもりです♪。

それでは、あと約1週間ですが、開催を楽しみに待ちましょう。

スポンサードリンク