いやー、ちょっとびっくり。

昨日、うつ病の記事をUPしたんですけど、予想外の反響でした。

意外と見てくれているのね・・・。問い合わせくださった方、ありがとうございました。


問い合わせ頂いた内容に

「高校生の娘の様子が最近おかしいです。めっきり口をきかなくなって、部屋にこもりっきりで。。」

「病院に連れて行った方が良いですか?」

とも。


実はですね、、私もまだまだ心療内科に通院中の身なんですよ(主な通院目的は再発防止)。で、たまたま今日が通院日でしたので、ちょっと先生にも聞いてみました。。


そんな訳で、今回は家族にうつ病の初期症状を確認できた時、あなたがとるべき行動についてお話ししようと思います。

スポンサードリンク


結論から言うと・・・

結論から言いますと、病院に連れて行ってあげて下さい。

うつ病を発症しているのが、ご主人の場合はいろいろと気になる事もあるでしょう。

「保険組合経由で会社にばれないか?」
「今度、保険に入れないのでは?」

そんな事、気にしたら駄目です。まずはうつ病を治す事が大事ですから。

あなたがナビゲーターになってください。

うつ病になると、本人は決断力が著しく低下しています。これは私も経験済み。

ですので、漠然と「病院に行った方がいいよ。」などの勧め方はあまりよろしくありません。


「調べてみたら、駅の近くに〇〇と言うクリニックがあったから、今週の金曜日に一緒に行ってみない?」

と、具体的に行く場所と日時を提案してあげるのがベターです。


ここで、一つ注意して欲しい事があります。行ってみるとびっくりすると思いますが、心療内科系のクリニックはとにかく混んでいます。

前もって、予約をする事はもちろん、事前に症状などを伝えておく事も効果的です。

そういった意味でも、早めにうつ病の初期症状をとらえて、クリニックに相談する事も大事になってきます。


また、どうしても、本人がクリニックに行きたがらない場合は、無理強いはやめましょう。例えば、あなただけが来院して、カウンセラーや先生と面談する事も有効だと思います。そういった事が可能なのか?クリニックに確認してみましょう。

d5216d13e124761ed60344c51eedd23f_s

病院には出来るだけ付き添ってください

心療内科や精神科など、これまで行った事のない病院に足を運ぶのは不安なものです。

あなたが一緒に付き添うことで安心して通院する事が出来ますので、病院には出来るだけ付き添ってあげて下さい。


その上であなたが病院へ付き添う事には、大きく2つの意味があります。


一つ目はカウンセラーや医師に症状を出来るだけ詳しく伝える為です。

本人はうつ病の影響で、思考や表現力が低下していて、自分で症状をうまく伝えられない事があるので、代わりにあなたが症状を伝えて下さい。

  • いつから
  • どんな症状が出ているのか
  • 今の様子はどうなのか

などを伝えるようにしましょう。

そういった意味では、通院前に出来れば本人とある程度、話をしておく方が良いと思います。



もう一つは、あなたも一緒に医師の説明を受けておく為です。

  • どのような治療が行われ
  • 回復までにどのくらいの時間がかかるのか

などを理解力が低下している本人の代わりに、あなたがしっかりと聞いておきましょう。


私が思うに、うつ病克服の第一歩は病院に足を踏み入れる事です。その先導をあなたがしてあげて下さいね。

まとめ

今回は前回に引き続きうつ病のお話をさせて頂きました。

大切な人(家族)のうつ病の初期症状に気が付いたときにあなたがとるべき行動についてお話ししました。

  • 心療内科、精神科、クリニックへの通院はうつ病克服の第一歩。
  • あなたが、ナビゲーターになってあげて下さい。
  • 病院へは出来るだけ付き添ってあげて下さい

うつ病にかかると、思考、理解力、表現力などすべての能力が低下していますので、あなたがしっかりとフォローしてあげて下さい。

あなたがしっかりとサポートしてあげることで、患者本人も安心するし、徐々に心を開いてくれるはずです。

大変ですけど、しっかりとサポートしてあげて下さい。


さすがに、二回連続でうつ病の話をしたので、少し間を空けますが、治療などについても折をみてお話しさせて頂こうかと思います。

それでは、お付き合い頂きありがとうございました。

スポンサードリンク