京都にある高台寺

豊臣秀吉の正室・ねね様が眠る寺院で、日本全国でも五本指に入ると言われる紅葉の名所です。

高台寺の紅葉と言えば、なんと言っても夜のライトアップの紅葉が有名です。

でも、ちょっと待ったぁ~!

高台寺に来て、ライトアップの紅葉だけを見て帰るなんて勿体無さ過ぎです。

夕暮れ時に来て、夕焼けの紅葉とライトアップの紅葉を見て帰って下さい。自信を持ってオススメします。

そんな訳で、今回は高台寺の紅葉の紹介と、夕焼けの紅葉とライトアップ紅葉の両方を鑑賞する為のちょっとした豆知識をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

再入場不可なんて書いているが・・・


まず、高台寺のチケット売り場で最初に目に付くのは以下の看板。

”一度、退場すると再入場は出来ません!”

ですが、結論から言いますと、再入場可能です。

恐らく、夜間拝観をやっていない様な通常時期はそうなのででしょう。夜間拝観を実施している時期のみ再入場可能なのだと思われます。

再入場の方法は?


再入場の方法は簡単。

境内の本堂付近に居る案内係の方に言って、チケットの半券にスタンプを押してもらうだけ。あとは、退場後にチケット半券裏のスタンプを見せると、通してくれます。

チケット半券はこれ。




裏にスタンプ押してもらった所はこれ。



時間帯はいつがオススメ?


16時過ぎに入場してじっくりと夕焼けの紅葉を鑑賞してください。

休日は経験無いのですが、平日であれば30分~40分で回れます。そして、一旦退場。ちょっと休憩して、17時に再入場するのが良いと思います。

平日でも17時30分を過ぎると、入場口はかなりの混雑でした。ですので、プロジェクションマッピングの始まる17時ちょうど(もしくは、ちょい前)に再入場する事をオススメします。

入場して、境内で10分ほど時間を潰していると、日が暮れますので。以下の画像は2016年11月24日の17時過ぎの境内の様子です。17時過ぎでも十分ライトアップ効果ありです。



しんどくないのであれば、16時過ぎに入場して、そのまま境内に居座るのもありです。

それでは、いよいよ実際の紅葉をご紹介させて頂きます。

夕暮れの紅葉


天気にもよりますが、夕日が射している境内の情景がなんとも秀逸の一言でした。

まずは、庭園の池から。






池に写る紅葉は高台寺の有名な風景ですよね。


動画はこちらになります。(45秒)




高台寺で一番高い所にある時雨亭付近も夕日を浴びて綺麗でした。




水面に移る紅葉は夜よりも夕暮れの方が綺麗なのでは?と思えるほどでした。

それでは、夜(ライトアップ)の部もご紹介しますね。

夜(ライトアップ)の紅葉


夜の紅葉は言わずもがなでした。

ベタですけど、やはり池の水面に写る紅葉ですね。





動画はこちらになります。(46秒)




あ、あと本堂の窓から覗く紅葉も良い感じでした。

img_20751

噂のプロジェクトマッピングは?


本堂の庭園でプロジェクトマッピングが上映されています。

上演時間は3分30秒。終了後、10秒開いて、また次の上映開始って感じです。

なので、見れない!って事はないですので、ご安心下さい。

上映中に列(本堂縁側手前から4列)の後ろに陣取り、上映終了で前の人が掃けた隙に前の方に移動して下さい。上記の通り、10秒しか間隔が無いので、動画に収めたいのであれば、(出来るだけブレが発生しない様に)撮影機器を回しながら前に移動しましょう。

と言う事で、私が撮った動画をUPしておきます。(3分31秒)




紅葉シーズンだけかと思ったのですが、夏などの夜間特別拝観の時にもやっているみたいですね。

あくまでも、個人的意見ですよ。

紅葉シーズンは、無理にこれする必要ないんじゃないかなぁ・・・と(笑)。紅葉だけで十分お金取れる仕上がりなので。

あとがき


今回は高台寺の紅葉を紹介させて頂きました。

特に夕暮れの紅葉を推させて頂きましたが、如何でしたでしょうか?

簡単にまとめておきます。

  • 再入場不可!と書いてあるが、実際には再入場可能。
  • チケット半券にスタンプを押してもらおう。
  • 夜の再入場は混雑を考えて17時くらいに入場するのが良い。

10数年ぶりに行きましたが、やはり素晴らしい仕上がりでした。

やはり、せっかく遠方よりお越し頂いたのであれば、夕暮れとライトアップの両方を鑑賞する事をオススメします。

尚、夜の部を退場したのは17時45分頃でしたが、外には300メートルくらいの長蛇の列が出来上がっていました。

最後尾の案内をしているお姉さんに効くと、入場まで約30分~60分との事。それでも、休日に比べれば全然マシだった様です(汗)。まぁ、京都の紅葉は混雑と切っても切り離せないので、仕方ないですかね・・・。

それでも、高台寺の紅葉は自信を持ってお勧めできますので、機会があれば、是非とも立ち寄ってみてください。

それでは、今回はこの辺りで失礼します。

スポンサードリンク