スイッチOTC医薬品・・・

昔から存在する言葉の様ですが、あなたはご存知でしたか?

2017年1月より施行が開始されるセルフメディケーション税制。そのキーワードとして出てくるのが、このスイッチOTC医薬品という言葉です。

私もセルフメディケーション税制について調べている過程でこの言葉の存在を知りました。

今回はこのスイッチOTC医薬品について、一緒に見ていくことにしましょう。

意味を知ることで、セルフメディケーション税制を有利に活用出来るかもしれないですよ!

スポンサードリンク

スイッチOTC医薬品とは?


そもそもOTCって?


そもそもOTCって単語自体が耳慣れません。

こういうアルファベット3文字の単語や横文字は、私にとっては暗号以外の何者でもありません(笑)。

O・・・Over
T・・・The
C・・・Counter

カウンター越し(=オーバーザカウンター)に購入可能な医薬品。つまり、街中の薬局店で購入可能な一般医薬品です。

法律的には「一般用医薬品」と表現されており、通称「大衆薬」あるいは「市販薬」と呼ばれてきましたが、2007年より”OTC医薬品”と呼称が変更・統一されました。

しかし、初めて聞いたんですけど。。。

スイッチOTC医薬品とは?


これまで医師の処方箋によらなければ使用できなかった医療用医薬品の中から、

  • 使用実績がある
  • 副作用の心配が少ない
  • 比較的安全である

などの要件を満たした物を、薬局などで処方箋なしに購入できる様に一般用医薬品として認可したものをスイッチOTC薬と言います。

医療用から一般用に切り替えた(=スイッチした)ということから”スイッチOTC医薬品”と呼ばれています。

スイッチOTC医薬品の特徴と注意


今まで一般の市販薬(OTC医薬品)は、効き目よりもその安全性が重視されて来たと言われていますが、スイッチOTC医薬品の登場で、効き目の良い市販薬(OTC医薬品)が薬局でも手に入るようになりました。

しかし、その性能の高さから、正しく使用しないと副作用などが起こることもあります。その理由から、医療用からスイッチされて、しばらくの間は薬剤師の指導なしでは購入できません。

必ず、薬剤師に相談の上で購入し、

  • 定められた用量
  • 服用時間(食前、食後、食間など)
  • 服用間隔(最低6時間開けるなど)

等の使用上の注意を守って、正しく服用するようにしましょう。

後、意外と見落としがちなのは、服用中の他の薬との飲み合わせです。服用中の薬がある場合は、必ず、薬剤師に相談しましょうね。

具体的な種類は?


テレビのCMなどで耳にする、以下のスイッチOTC医薬品は比較的歴史が古く1990年代あたりに、スイッチされたものです。

  • “イブプロフェン”が配合された総合感冒薬(風邪薬)
  • “H2ブロッカー”が配合された胃腸薬
  • “インドメタシン”が配合された外科鎮痛薬(シップなど)

最近、スイッチされた有名どころと言えば、”ロキソニン(解熱鎮痛薬)”ではないでしょうか?

その他で言えば、ニキビ予防治療薬や禁煙補助薬品などもスイッチOTC医薬品に指定されており、症状を改善する為の医薬品だけではなく、病気の予防や生活の質の向上などの為の医薬品も含めて、幅広い役目を果たす事が期待される様になっています。

厚生労働省のHPで対象一覧を確認可能です。

セルフメディケーション税制対象医薬品 品目一覧(全体版)

また、品目は適時更新されて行きますので、気になる方は定期的にチェックしましょう。


終わりに


今回はスイッチOTC医薬品についてお話させて頂きました。

簡単にまとめておくと以下の通りです。

  • 医療用医薬品から、一般医薬品へと転用されたもの
  • 元々、医療用で使用していただけあって、効能が期待できる
  • ただし、購入には薬剤師の指導が必要

見ていくと、普段から何気なく購入していた一般医薬品も実はスイッチOTC医薬品である事が分かりましたね。

冒頭でも書いている通り、2017年1月より施工されるセルフメディケーション税制(セルメ税制)について、調べる過程でこの言葉にたどり着きました。

尚、セルフメディケーション税制(セルメ税制)とこのスイッチOTC医薬品の関係につきましては、こちらの記事にて詳しく説明させて頂いておりますので、気になる方は是非とも目を通して下さい。

セルフメディケーション税制とは?申告までの4つのポイントをチェック!


個人的には、禁煙補助薬品がスイッチOTC医薬品に指定されている事に注目しています。

セルフメディケーション税制(セルメ税制)の施行に合わせて、禁煙に挑戦する人が増える事を期待しています。

それでは、最後まで目を通して頂き、ありがとうございました。

スポンサードリンク