紅葉と言えば京都でしょ!
でも、京都は混みそうだから、近くで歴史風情豊かな奈良に行こうか。


そんな会話が聞こえてきそうです(笑)。

でも、ちょっと、待ったぁ~!

滋賀県をお忘れでは無いですかい?

滋賀県なんて、琵琶湖だけで紅葉なんて見れないでしょ~!って?

いやいやいや。侮ること無かれ!

滋賀県にも紅葉スポットはたくさんありますよ~。しかも、京都や奈良と同じく国宝とのコラボもばっちりです!(笑)

ただ、滋賀県って意外と南北に縦長いので、各スポットによって、見ごろ時期が違ってきます。

そんな訳で、今回は滋賀県の紅葉の見ごろ時期について書いていこうと思います。

各スポットともに簡単に注意点も記載しておきますので、参考にしてくださいね♪

スポンサードリンク

見ごろ時期の開始は?


滋賀県の紅葉の見ごろは10月下旬頃から始まります。

そのトップバッターはと言うと、びわ湖バレイ

関西のスキーヤーならご存知の場所かと思います。シーズン中の週末はオールナイト営業するあのスキー場です。

実はオフシーズン(グリーンシーズンと言うらしい)も普通に営業しており、スキーシーズンと同じように、山麓から山頂までゴンドラに乗って移動するのですが、その途中にゴンドラから見下ろす紅葉はまさに圧巻です。



<2016年10月撮影>


また、山頂から眺める紅葉と琵琶湖のコラボに目が行きがちですが、反対側の山間部も必見です。見渡す限りの紅葉パノラマはまさに絶景です。

ただ、山頂だけあって晩秋ともなると、強烈に寒いのでご注意下さい。

びわ湖バレイの紅葉についてはこちら(↓)で実際に足を運んでみたレビューをさせて頂いていますので、ご参考にして下さい。

滋賀の紅葉・びわ湖バレイ編。山頂ならではの紅葉をご堪能あれ!

11月からの見ごろは?


11月に入ると、湖北地方、湖東地方の北部、奥比叡に掛けて紅葉が始まります。

湖北地方


湖北地方の紅葉は鶏足寺(長浜市)、徳源院(米原市清滝)あたりが有名どころです。

鶏足寺は真っ赤なモミジの絨毯が有名です。






<2016年11月撮影>


一部の参道が立ち入り禁止区域になっており、モミジ絨毯が保護されています。下から見上げるのも良し、上から見下ろすのも良しです。



徳源院の戦国時代の京極氏の菩提寺で知る人ぞ知るスポットです。最近はちょっと有名になりすぎたかなー?





<2016年11月撮影>

客殿から見る庭園の紅葉はまさに自然のキャンパスアートとでも言いますか、一見の価値アリです。

湖東地方北部


いわゆる、湖東三山と呼ばれる地域で、滋賀県の紅葉の代表的スポットの一つです

具体的には、西明寺(国宝)、金剛輪寺(国宝)、百済寺(重要文化財)の3つを指しますが、特に西明寺の紅葉は「日本紅葉100選」にも選ばれており、その紅葉は圧倒的です。

画像は上から、西明寺、金剛輪寺、百済寺の紅葉です。









<2016年11月撮影>

但し!
この湖東三山地域に行く時には注意すべき点があります。

尋常じゃない位の大渋滞が発生します。30分で100メートルしか進まない・・・なんて、ザラ。

なぜなら、この地域にアクセスする道路が1本(307号線)しかないから。

週末に行くとなると、相当の覚悟が必要だと言うことだけ、肝に銘じておいて下さい。

湖東三山地域は国宝と紅葉と大渋滞ですね(笑)。

奥比叡


奥比叡なんて言っちゃってますが、ぶっちゃけると比叡山延暦寺の事です。織田信長が焼き払ったあの有名なお寺です。

こちらは、国宝どころか、世界遺産です。

世界遺産で歴史を感じながら見る紅葉。これも感慨深いですね。

202494
<出典:Walkerplus>

但し、こちらの欠点は、お金が高くつくこと。

まず、延暦寺に辿りつくまでに奥比叡ドライブウェイの通行料が掛かります。延暦寺まで行こうとすると3000円オーバーの料金が掛かります。また、世界遺産なだけあって、延暦寺の拝観料自体も若干高めです。

紅葉を見に延暦寺に行くのではなく、延暦寺への観光を紅葉時期に合わせる感じで行くのが良いかと思います。

いよいよクライマックス。11月中旬以降


11月中旬になると滋賀県の紅葉は最盛期を迎えます。

北部地方


北部地方では、国宝・彦根城の紅葉が見ごろを時期を迎えます。

厳密には、彦根城内の玄宮楽々園がオススメで、更に言うと、ライトアップされてお堀に映える紅葉がオススメです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c
<出典:Yahoo!Japan>

こちらは、JRでの来場がオススメです。JR彦根駅を降りると駅のホームから彦根城天守閣が見えて、近くに感じるのですが、実は地味に距離があって、徒歩で10分ほど掛かります。ですが、JRの駅から徒歩から10分なら十分ですよね?

公共交通機関での来場が可能で、かつ、ライトアップにより拝観時間が遅い事から来場しやすい滋賀県の紅葉スポットの一つです。

湖西地域


湖西地域では、三井寺、日吉大社(いずれも国宝)が見ごろ時期を迎えます。

こちらも彦根城と同じで、公共交通機関での来場が可能で、かつ、ライトアップもやっていますので、来場しやすい滋賀県の紅葉スポットの一つです。

◎三井寺

%e7%84%a1%e9%a1%8c
<出典:Yahoo!Japan>

◎日吉大社

163765
<出典:大津市>

三井寺、日吉大社ともに京阪電鉄を使用してご来場下さい。

南部地域・湖東地域


南部地域では石山寺(国宝)が、湖東地域では、永源寺(重要文化財)などが紅葉の見ごろ時期を迎えます。

石山寺は寺名の由来となった天然記念物の硅灰岩と紅葉のコラボが秀逸です。

ishiyama
<出典:Walkerplus>

石山寺も京阪電鉄を使用してご来場下さい。



永源寺の紅葉は県外からも人が訪れるくらいの人気で、こちらは湖東三山地域と同じで周辺地域の渋滞は覚悟が必要です。

163773
<出典:Walkerplus>

ここも湖東三山と同じで、近隣の幹線道路が一本しかないのが渋滞の要因になってます。

まとめ


ここまで、長々と書かせて頂きましたが、まとめると滋賀県の紅葉の見ごろ時期は

  • びわ湖バレイを皮切りに10月下旬あたりから始まり、
  • 11月になると、湖北、湖東三山、奥比叡が見ごろ時期となり、
  • 11月中旬あたりから、どのスポットも最盛期を迎えます。

尚、滋賀県の紅葉も当然ながら、ライトアップはありますが、いずれも11月中旬からと言う所が多いです。


独断でオススメをさせて頂きますと、

渋滞を覚悟の上であれば、湖東三山永源寺の紅葉は一見の価値アリです。

彦根城の紅葉は来場のし易さ観点から、オススメです。

個人的には鶏足寺のモミジ絨毯と、徳源院のキャンパスアートが忘れられないです。

スポンサードリンク


滋賀県は歴史上の要所・近江地方だっただけあって、国宝や世界遺産も豊富です。

京都や奈良に比べれば知名度では劣りますが、滋賀県の紅葉もなかなかのものでしょ?

この記事を読んで、ちょっと滋賀県を見直したぜ!って言う県外の方、是非とも滋賀県へおこしやーーーす。

尚、記事中の見ごろ時期はあくまでも目安ですので、出来る事ならHPや電話などで見ごろ時期や現在の紅葉状況を直接確認するのが確実かと思います。

それでは、滋賀県の紅葉を楽しんで下さい。